INFORMATION

〈月間表彰〉7月度 受賞者インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

CA Wiseメンバー全員の投票で決定する〈月間表彰〉。

  • MVP
  • ベストエンジニア
  • ベストコントリビューション(貢献)

以上の3賞を選出します。

7月度も3名に、賞と記念品が贈られました。受賞したみなさんのコメントを紹介します!

営業との好連携でアプリ広告の予算拡大に尽力

ー受賞した感想は?

びっくりしたのもありますが、久々の表彰だったのでかなり嬉しかったです!

ー7月、特に注力したことと、その成果は?

広告主様・代理店様からいただいているアプリ案件の広告予算拡大が今回の受賞の理由となります。 私自身は広告運用の担当なので、各案件のインストール数の増加とインストール後の効果改善を日々行っており、実績をもとに営業メンバーと予算増額提案のコミュニケーションを取っていたのですが、7月はその営業メンバーとのコミュニケーションの部分に一番注力しました。

とにかくコミュニケーションを増やすことを大事にして、毎日毎日営業メンバーの席に案件の状況と増額の希望金額を話しに行っていました。正直結構しつこかったかもしれません(笑)。 その結果、前月比で増額金額を2倍ぐらい増やす事ができました。営業メンバーがしっかり提案してきてくれたおかげです。本当に感謝です。

ー今後の目標やビジョンを教えてください。

先月以上の予算拡大を引き続き狙っていきたいです。各案件のインストール数とインストール後の効果が改善されれば、営業メンバーからの増額提案もよりスムーズになるかと思いますので、効果の出る運用の仕組み作りをしていきたいです。

そのためにも、現在人力で時間をかけて行っている各案件状況のレポート作成作業などもシステム化・フロー化して、より高精度のものを今よりも時間をかけずにできるようにしたいです。

まだまだできることは多いので、一つ一つ形にしていければと思います。

会社の請求システムをオンラインに抜本改革

ー受賞した感想は?

会社の請求システムを抜本から変える対応だったので、ある程度予想してました(笑)。
請求担当チームにとっては既存のやり方を大きく変えるものだったにも関わらず、とても協力的で、推薦までしていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

ー7月、特に注力したことと、その成果は?

いままでExcelベースで行っていた請求業務を、オンラインシステムに完全移行したことです。

従来の請求業務の棚卸しから始め、フローを起こして全体像の可視化と改善ポイントの洗い出し、請求チーム、上長との擦り合わせを行いながらの新フロー提案、要件定義・開発・リリース・運用と、全工程フルコミットしました。

また、会社のお金を管理するシステムなので、計算ミスを起こしてはいけない緊張感もあり、請求担当チームを巻き込んで何度も数値の答え合わせをしました。

開発フェーズで意識したことと言えば、新システムを導入する時は少なからず抵抗を感じたりするので、「シンプルで分かりやすいものを作る」という事を意識し、スムーズに移行できるよう心がけました。

ー今後の目標やビジョンを教えてください。

「テクノロジーでビジネスを加速させる」を体現していきたいです。

ビジネスサイドからの要望は多方面から来ますし、日々アップデートされていきます。
このスピードに応えられるようになるのはもちろんですが、逆にシステムから各ビジネスメンバーに実行することを割り出して通知するなど、利益を生むために起こすべきアクションをシステムが判断、それをビジネスメンバーが実行していく、という世界観を創っていきたいです。

また、技術周りだとブロックチェーンを使った開発に興味があります。
エンジニアとして外せないポイントだと思うので、しっかりと身につけたいです。

GVAの運用にかかる業務時間を大幅短縮

ー受賞した感想は?

私が呼ばれるとは思っていなかったのでびっくりです。
自分がやっていることを評価をいただけるのはとてもうれしいですね。

ー7月、特に注力したことと、その成果は?

CPI課金型動画広告サービス「GVA」において、メディア枠の追加から配信までにかかる時間を大幅に短縮しました。
ツール自体の読み込み速度が遅いなどシステム面での課題はありつつも、初期設定フローであったり運用での課題がたくさんありました。それらを巻き取り、月内に完遂させたことが評価されたのかなと思います。
作業工数が改善前比で4分の1になったのは、もう革命的ですよね(笑)。

ー今後の目標やビジョンを教えてください。

今後、この運用は自動化していく予定です。
お客様から依頼をいただいてから、案件の配信が開始されるまでの間にかかるコストを極力少なくするために、業務の自動化をもっと進めていきたいです。そのためには、プロダクト責任者と担当エンジニアに提案するための「ルール」を見つけることが大事になると思いますので、最善のルールを「発見する力」・それをシステムに組み込むために「行動を起こす力」・さらに「実現させる力」をもっとつけていきたいですね。




株式会社CA Wiseでは一緒に働く仲間を募集しています

こちらよりご確認ください。